当店のこだわり

美味しいお米をベストな状態でお届けすることが、
私たちの役目だと思っております。

【米選びのこだわり】

「お米にはね、作る人の性格が出るんですよ。」

生産者さんの元を訪ねた時に聞いた、とても印象に残っている言葉です。

当店では、山形県でも4人しかいないお米のプロ・五ツ星お米マイスターが直接産地を訪れ、
田んぼや稲の成育状況、どこから水を引いているか等を生産者さんとじっくり話しあい、
「この人が作るお米なら大丈夫!」と思えるお米だけを仕入れてきています。

逆に、どんなに美味しいお米を作る方でも、性格が悪かったり、
他人の悪口を言うような方のお米は、絶対に仕入れません。
その方の性格が、お米にも現れると思うからです。

山形米の専門店 尾形米穀店は、創業130年になる山形市内でも屈指の老舗米屋です。
昔から親しまれてきた老舗の米屋の責任として、食べてくれるお客様が笑顔になるような、
自信を持ってオススメできる美味しいお米だけを、これからもずっとお届けしていきます。
【精米のこだわり】

「精米する」と言うとコイン精米機のように、お米を入れてスイッチを押せば、
誰でもかんたんにできそうなイメージがありませんか?

実は精米は、お米の味を左右するとても重要な工程です。
適当に精米するとお米の美味しさを引き出せず、農家さんの努力を台無しにしてしまうほどです。

お米の旨みを最大限に引き出すには、その日の気温と湿度に品種ごとの特徴、
お米の保存状態などを見極め、精米機の設定を細かく調整していく必要があります。

例えば、ササニシキというお米はとても削れやすいので、お米の旨みが逃げてしまわないように弱めに精米します。
逆にひとめぼれのような削れにくいお米は、やや強めの設定で精米し、ヌカ切れの良いきれいなお米に仕上げます。

お米の状態を見極め、旨みを最大限に引き出す技術が、お米のプロ・米屋の腕の見せ所でもあるのです。

また、お米は精米した瞬間から食味が落ちていきます。冬場は1ヶ月・夏場は2週間程で味が落ちてしまいます。
その為、当店では、鮮度の良いお米を召し上がって頂けるよう、精米後10日が過ぎたお米は販売せず、
その都度、新しいお米を精米しなおしています。

ページトップへ

食べ比べセット

商品一覧

新鮮なお米を少量ずつ。賢い主婦の技!お米の定期購入


お電話でのお問合せはこちら~フリーダイヤル0120-22-4243